トップページ > 製品情報 > リフレッシュ工法 > 改修 かん合瓦棒α(瓦棒、縦葺改修)

かん合瓦棒α(瓦棒、縦葺改修)

瓦棒葺改修構成図

瓦棒葺改修

縦葺改修構成図

縦葺改修

特長

●働き巾320〜420mmまでの変寸成形が可能で、あらゆる瓦棒葺、縦葺屋根の改修に対応できます。
●かん合式の簡単工法で、仕上り外観も葺きラインがシンプルで印象的な屋根材です。
●キャップは丸・角から、溝板はフラット・リブ入り・タテ波と、イメージに沿った選択が可能。

仕様

屋根構成材 本体溝板 キャップ 通し吊子
板厚 0.35〜0.6mm(丸キャップは0.4mm以上) 0.5〜0.6mm
使用原板巾 357〜455mm 角-120mm、丸-127mm 新葺-124mm、改修-79mm
働き巾 320〜420mm
勾配 5/100以上 ※1
断熱材裏貼り ポリエチレンフォーム 4mm裏貼可(オプションにて可能)
アーチ成型 5mR以上(5mR未満は要相談)
成型最短寸法 1200mm

※1 現場の状況と地区の雨量を合わせてご考慮ください。
※2 性能試験データが必要な場合は、担当者までお問合せください。


このページのトップに戻る